本文へスキップ

吸収力を10倍に高めた「ナノカプセル技術加工フコイダン」

お電話でのお問い合わせは0120-178-552

メールでのお問い合わせはこちら

Vital-核酸フコイダンNANOプレミアム製品詳細

製品名 Vital-核酸フコイダンNANO(ナノ)プレミアム

      
Vital-核酸フコイダンNANOプレミアム 徳用の90包入タイプ
ナノカプセル フコイダンの吸収を17倍に
高分子のままフコイダンの吸収を17倍に

吸収力を高めるために無理に低分子にすると機能性が低下
してしまいます。ナノカプセル技術は長年の願いを実現
しました。

消化酵素のダメージから腸まで素材を保護

経口(飲んでから)腸管まで届ける間に、唾液、胃液、膵液
などの消化酵素を受け損失するフコイダンを減少させます。
ナノカプセルにフコイダンを包摂化することで、腸まで届く
フコイダンの量を増やすことで体内移行率を上げます。


突出したアポトーシス:アシスト。高純度フコイダンを17倍の吸収性製品。

Vital-核酸フコイダンNANOプレミアム
機能性を失わない、高純度:高分子のフコイダンのまま吸収を17倍に。

※粗悪・類似品にご注意ください
「ナノプレミアム」は株式会社バイタルモアの登録商標です。

類似品
○完全なナノカプセル化をしていないので、飲み口がさらりとしていません。べとつきが有ります。
○プロ意識に欠けた製品づくりなので、どこまでが本当か分かりません。

バイオ・ナノテクノロジーで未来を拓く。 吸収力を10倍、体内効率を17倍に

NANOカプセル化フコイダンとは”低分子化”ではありません。
低分子化するとフコイダンの吸収力は高めますが肝心の機能性が著しく低下させてしまいます。
ナノカプセル化フコイダンとは、機能性の高い(高分子)フコイダンのままナノカプセル(5ナノメートル)という1mmの1000分の5の大きさの超微粒子のカプセル に入れ、
腸での吸収率を10倍、体内移行率(吸収)を17倍に大幅にUPする最新のナノテクノロジーです。


無料サンプル・1mmの千分の五、とても小さなナノカプセル顆粒の画像      

無料サンプル


Vital-核酸フコイダンNANOプレミアム 30包

30包入 希望小売価格 40,000円+[税]

一般:会員様共通価格 1箱


Vital-核酸フコイダンNANOプレミアム 90包


90包入 希望小売価格 120,000円+[税]

 一般:会員様共通価格 1箱

一般:会員様共通価格 2箱セット

90包入を3箱でのご注文 4箱でのご注文 5箱でのご注文 6箱でのご注文

会員ログインページ 会員登録の仕方

プレミアムセット β-グルカンと超吸収性フコイダンを低価格で。


吸収力と体内移行率

吸収力-10倍
腸管からのフコイダンの血中移行率をさします
体内移行率-17倍
体内移行率とは経口からのフコイダンの血中移行率をさします。
※口から摂取されたフコイダンは、唾液、胃液、膵液、胆汁などの消化酵素から阻害をうけ、構造を分解、破壊されるため腸に届くまでに減少してしまいます。ナノカプセルは消化酵素からフコイダンを守り腸管から10倍で吸収されます。 経口から計算した場合通常のフコイダンと比較すると17倍で血中移行します。
Vital-核酸フコイダンNANOプレミアム      NANOカプセルを袋から出す様子
      
飲みやすいナノカプセル細粒の写真

お薦めのポイント

フコイダンは高分子多糖体。
少し前までは吸収されているのかさえ危ぶむ学者もいました
現在はパイエル板という腸の特殊な個所から吸収される事が
確認されていますが、吸収が良くないのは否めません。

当製品は最新のナノテクノロジーから生まれた
ナノカプセル技術」を用い超微粒子のナノカプセルに
フコイダンを入れることで吸収を17倍にすることを
実現しました。


もっとも強い機能性を求める方にお薦めの世界屈指のフコイダン製品です

アポトーシス・アシストが得意分野のフコイダン フコイダンの機能性を高める第三の矢核酸 更に近年の研究で異型細胞の自己栄養補給路(新生血管)に関する特性でフコイダンのサポートが期待できる秋ウコンエキスを配合しています。

フコイダンをお求めの方にはβ-1.3/1.6グルカンの同時摂取を推奨します

安心して、Vital-核酸フコイダンNANOプレミアムをご飲用頂くために。
秋ウコンの肝障害についての情報。


フコイダンのイメージ

飲用量の目安

体重50kgでの目安をご紹介します

しっかりとサポートしたい方は1日1〜2包
最高量(これ以上増量しても大きな差異はない量)は
概ね3包(フコイダンとして3g)を目安にご飲用下さい。
尚、フコイダンは特性が出るまで時間がかかりますが
最低5倍、通常は17倍の吸収が見込めますので
通常のフコイダン製品とは違い最初の1カ月であっても
1日3包で十分です。

体重が50kgより大きく離れた場合は、それに合わせて
加減してください。

小さなお子様やペット(犬や猫)にもご利用になれます
その場合は、上記の量を目安に体重の割合を考えて
量を加減してください。


DNAのイメージ

お薦めの同時摂取製品のポイント

グルカンがβ結合で結ばれ、さらに優秀な複合糖鎖を含有する
「黒酵母発酵液」とは大変相性の良い素材です。
多方面からの統合的対応をお考えの場合は、免疫サポートに
長けた、Vital-βグルカン糖鎖ナノプレミアム または Vital-黒酵母バイオProと一緒にご利用ください

またナノカプセル技術を駆使していますので
この製品は通常の腸管から吸収されていると考えられます。
腸管刺激による免疫サポートをお考えの方は
バイタル黒酵母フコイダンExtraや不確定要素は大きいなが
それが逆に強い期待感を備えたVital-フコキサンチンTrustもお薦めです。


製品名 Vital-核酸フコイダンNANOプレミアム
名称 モズク抽出物加工食品
原材料名 モズク抽出物、デキストリン、さけ白子抽出物、
秋ウコンエキス、レシチン(大豆由来)、トレハロース、リン酸Ca
内容量 ●30包入 96g(3.2g×30包)
●90包入 288g(3.2g×90包)
製造所固有の記号 株式会社バイタルモアLCK
保存方法 高温多湿及び直射日光を避けて、常温で保存してください
栄養成分表示
※1包3.2g中
エネルギー 13.12kcal 炭水化物 0.22g
たんぱく質 0.49g ナトリウム 77.44mg
脂質 0.49g
ヨウ素 0mg

試験依頼先 一般財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成27年01月19日
試験成績書番号 第 1500165600-01号
試験依頼先 一般財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成27年01月19日
試験成績書番号 第 1500165600-02号
自社換算値
お召し上がり方 1日1〜3包を目安にそのままお召し上がりになるか、
お好みの飲み物に入れ よくかき混ぜてお飲みください
保存上の注意 高温、直射日光を避け冷暗所で保管してください。
開封後は保存できません、速やかにご使用ください。
小児の手が届かない場所に保管してください。
ブランド 株式会社バイタルモア

Vital-核酸フコイダンNANOプレミアム 詳細情報

フコイダンを機能性の高い高分子のまま吸収力10倍、体内移行率(吸収)17倍を実現

2003年頃から、フコイダンを低分子にすれば研究成果よりもっと良くなるのではないか?
という「仮定」のままろくな実験、研究も行わず「超低分子フコイダン」などという
不毛な製品が市場を席巻しました。製品の内容は、つい最近まで明かされませんでしたが
当社と同等?のナノカプセル技術の新製品に乗り換えて現在販売している会社が
そのデータを公開していますが、まことにお粗末な製品です。

もう低分子や低分子、全分子製品に惑わされる必要はありません。

当社が良い製品を低価格にてお届けさせていただきます。

製品比較にて、その違いをご紹介していますので是非ご確認下さい。

吸収力が10倍にアップ

もう高分子、低分子、そしてフコキサンチンで悩む必要はりません

1包3.2g中に、1gのフコイダン(93%高純度精製)と
フコイダンの特性を強くサポートする核酸と秋ウコンエキスを0.15gづつ配合。

ナノカプセル技術を駆使し、高分子素材のまま17倍の吸収を実現。

機能性の高い高分子のまま「超低分子フコイダン」よりも吸収に優れています
もちろん、両分子を選ぶ理由など見当たりません。
フコキサンチンは分子の安定が悪く又胃酸、膵液などの消化酵素にも弱いので、
大手のフコイダンの会社は皆、製品化を見送っています。

高濃度のフコキサンチンをお求めの方は、安心の定期成分量分析で毎回フコキサンチンの含有量が確認出来る、そして含有量保証がついたVital-フコキサンチンTrustをご利用下さい。

Vital-核酸フコイダンNANOプレミアムの特徴

通常数万〜10数万の高分子であるフコイダンを、機能性を失わない5000程度の分子量に調整
核酸、秋ウコンエキスを吸収力を考慮して適量配合し、ナノカプセル化により全体で
腸管から10倍の吸収力、経口から計算すると17倍の吸収(体内移行率)を発揮します

フコイダンは、L-フコースが硫酸基(13%以上なら機能性は同じ)で連なり
さらに色素であるフコキサンチンが微量ながら安定して付着している物質。
その形で1990年代から研究され、アポトーシス・サポートや多くの発表が生まれてきました。

無理に低分子にしたり、無理やり色素であるフコキサンチンだけを脂抽出して不安定にさせてしまうと
機能性が低下したり、消化酵素で壊されたりしてしまいます。

ナノカプセル技術を使えば、フコイダン全体の確かな機能性を保ちながら吸収されていきます。

Vital-核酸フコイダンNANOプレミアムは胸をはって”世界屈指”といえるフコイダン製品です

ナノ技術採用-バイタル核酸フコイダンNANOプレミアム7つの特徴

低分子フコイダン
フコイダンは低分子化すれば吸収が良くなるのは”当然”(20%程度)ですが、機能性は低下してしまいます。またトンガ産とか超低分子と医師との提携のイメージで受け入れられてきましたが肝心のフコイダンの質(精製純度)や配合量はお粗末な製品が多く見受けられました。
ナノカプセルで吸収の不安は一掃された時代がきました。もう迷わされる必要はありません。
※通常フコイダンと比較 ナノカプセル化フコイダンは約17倍の吸収(体内移行率)
消化酵素からの分解、阻害
フコイダンや、多くの物質は腸に届くまでに消化酵素からの分解、阻害を受けます。特にカロテノイド系の物質は脆く甚大なダメージを受けます。
ナノカプセルに封印した素材は、そういった阻害から守られ吸収されます。
※通常のカロテノイドと比較 ナノカプセル化すると17倍の吸収(体内移行率)
少量で飲みやすい
化学薬品の副作用などで胃腸の調子が落ちた時は通常の食事でさえまともに飲み込めない方が多いようです。これまでは、そういった場合は液体タイプにたよるしか無かったフコイダンですがこのこともナノカプセルが解決します。
ナノカプセルは見た目は「粉」や「顆粒」に見えますが実は、特殊な膜で素材を覆った小さな小さな微粒子のカプセルタイプ。
少量ですむので胃腸の調子が悪い方、お子様やご年配の方でもとても飲みやすく、また素材の「味」を味覚に感じさせませんので多くの飲用時の問題をシャットアウトしてくれます

摂取量のまとめ。

ナノカプセルでの摂取の吸収力の増加をさまざまな消化器の状態
(もともと先天性な疾患を持たれている方や、化学的な薬品などの影響で現在、消化器の機能が著しく低下している場合)を仮定して吸収力を最低の「5倍」とした「計算上」の値

1日1包を摂取した場合。
×5で、通常の形態のフコイダンを5g 核酸を0.75g 秋ウコンエキスを0.75g摂取した時と同等

1日2包を摂取した場合。
×5で、通常の形態のフコイダンを10g 核酸を1.5g 秋ウコンエキスを1.5g摂取した時と同等

1日3包を摂取した場合。
×5で、通常の形態のフコイダンを15g 核酸を2.25g 秋ウコンエキスを2.25g摂取した時と同等

吸収力と機能性の強さの関係について

ナノカプセル技術を駆使すれば、吸収力、体内移行力(17倍)が格段に増加することは確認されています

ともすると、では通常のフコイダンを5g飲んだ時とナノカプセル化フコイダンを0.294g飲んだ時は
同等の機能性がある
・・と思ってしまいそうですが残念ながら、そこまでまだ実証されていません。

当社関連の医師や学者は、問題ないだろうという方もいますが、人間の体は「数学上」のように計算どおりにいかないのは日常的です。
科学的には”おそらく、そうであろう”という仮定はできますが、絶対にそうであるという保証はありません

逆に、通常のフコイダンを1g飲用した場合と比較し、ナノカプセル化フコイダンを1g飲用すれば10倍の機能性があるのか?と考えた時に「YES」と答える学者はいないと考えます。

試験管や動物実験で、ほぼ間違いないと思われた事が実際は人間では違ったという事は日常茶飯事なのです

ナノカプセル技術のポテンシャルを間違いなく人間が活かすために

ナノカプセル技術のポテンシャルを間違いなく人間が活かすには、この仮定をとりあえず考えないで
現在までの研究、実証で飲むべき質、量を変えない事が肝要であると私共は考えます。

1日3包(フコイダンとして3g)を飲用の目安の最高量と考えてご飲用下さい。

それがナノカプセル化したに関わらず、1包に純度93%の良質のフコイダンを1g配合した
健康への強い想いなのです。

安価にてフコイダンなどを購入できる製品モニター募集中



Vital-核酸フコイダンNANOプレミアムは大切なあなたと家族の健康を守ります

β-1.3/1.6グルカンと同時摂取される方は、お得な プレミアムセット をご利用することも出来ます


フコキサンチンについて知りたい方へ

Vital-フコキサンチン Trustのページへ
1瓶180カプセル中に550mgの高濃度でフコキサンチンを配合した製品
詳しくはVital-フコキサンチン Trustのページで。



ウコンに関連する危険度の情報

ウコンに関連する肝障害などの危険度について報道されている情報について・一部ご紹介。

2000年ごろ、当時人気だったウコンでの障害におけるニュースのまとめ。

◆過去には肝硬変悪化での死亡例もあるウコン
◆原因は鉄分かクルクミンか?
◆クルクミンとアルコールとの相乗作用で肝臓悪化の新研究
◆健康な人でもお酒と一緒に飲むのは要注意
危険な目安量は クルクミン 1日920mg
◆高濃度・高吸収加工に注意
◆過去には肝硬変悪化での死亡例もあるウコン
◆ガン患者に対する3か月の臨床実験で、1日8gの投与まで安全とされているが、それは短期投与であり、長期にわたる影響は不明

ウコン - Wikipediaより。

ウコン(秋ウコン)の成分組成

ウコンには約5%前後の精油成分(エッセンシャルオイル)、と約5%前後のポリフェノール類(クルクミン)が含まれている

注意

Vital-核酸フコイダンNANOプレミアム に含有されているウコン(秋ウコン)

1包全体量3.2gのうち0.15g(150mg)をフコイダンのこのうち約5%以下がクルクミンであるということ※秋ウコンの量 × 0.05以下の量が「クルクミン」

つまり、0.15g×5%で、0.0075g(7.5mg)がクルクミン。吸収をサイト表示の17倍と仮定した場合であっても、7.5mg×17=127.5mgで、1日3包飲用の場合は382.5mgであり、クルクミン摂取危険値の目安の920mgを大きく下回ります。

尚、実際のクルクミンの吸収は5倍程度という事が実験により確認されています。

参照
ナノカプセル・テクノロジーによるクルクミンの吸収テスト

以上、ご安心のため念のため確認下さい。